在宅医療・介護推進委員会

介護や在宅医療の現状とその仕事

進む在宅医療・介護

在宅医療や介護は現在地域包括ケアによって進んでいます。地域包括ケアは国がベースとなるのではなく、高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らしていけるように自治体がベースとなって医療・介護サービスを充実化していくものです。2025年までの確立を目標に進む在宅医療や介護について紹介していきます。

在宅医療・介護について在宅医療や介護は社会的に現在ももちろんですが、今後はさらに重要な意味を持つ業界です。超高齢化社会へと突入する日本を考えて在宅医療や介護に対する知識を広げましょう。<MAIL>

在宅医療・介護について
在宅医療・介護推進委員会

在宅医療・介護推進委員会

当サイトは、日本が現在抱えている一番大きな問題は介護に関する問題だと考えています。超高齢化社会へと突入し要介護者が充実して暮らしていくための環境整備が急がれる中、どのような解決策を取っていくのか、どういうサポートが進んでいるのかをなどを紹介ながら、その現場で働く人たちや仕事についても紹介しています。

カテゴリ一覧

  • 進む在宅医療・介護

    進む在宅医療・介護

    超高齢化社会への突入に伴って現在の日本が抱える問題には介護サービスの供給不足などの問題があります。こうした問題を受けて地域包括ケアによって現在抱えている課題を解決しようと厚生労働省が提案しています。地域包括ケアの方針として住み慣れた街で安心して高齢者の方に暮らしてもらうことを掲げ、在宅で充実したサポートを受けられるように進めるといった動きがあります。こうした現在進んでいる在宅医療や介護について紹介していきます。

  • 在宅医療・介護に関わる仕事

    在宅医療・介護に関わる仕事

    在宅医療と介護に関わる仕事は昔よりも需要が大きく増えたことから、現在は様々な仕事があります。そしてサービスの種類も様々で、高齢者からも多様な要望があることから多岐に渡ったサービスが展開されています。日帰りで自立をサポートするために利用するデイサービスや、訪問介護で生活全般をサポートする生活介護、身体介助を行う身体介護など様々です。現在の在宅医療と介護に関わる仕事にはどのようなものがあるのかを紹介します。

  • 経験者は上を目指して転職を

    経験者は上を目指して転職を

    介護職はコミュニケーションのスキルから身体介護のスキル、生活介護のスキルなど、上を目指していくにあたって多くのスキルアップをする必要があります。様々なサービスが展開されている介護業界において、長く同じ現場で働き続けることが必ずしもスキルアップにつながっていく訳ではありません。そのため介護士としてもっと上を目指していくことを考えて転職をする選択肢もあります。自分が高めたいスキルを理解してスキルアップができる職場を選びましょう。

おすすめの記事

本人の安心と家族のふれあいの機会増

介護が必要になると介護を誰がするのか、家での生活が継続できるのかなどを考えることになります。多くの介護サービスが出てきている中で知っておいて欲しいことに、在宅介護に関するメリットがあります。もっと読む