在宅医療・介護推進委員会

必要な介護サービスを考えるケアマネージャーの仕事内容

進む在宅医療・介護

在宅医療や介護は現在地域包括ケアによって進んでいます。地域包括ケアは国がベースとなるのではなく、高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らしていけるように自治体がベースとなって医療・介護サービスを充実化していくものです。2025年までの確立を目標に進む在宅医療や介護について紹介していきます。

在宅医療・介護について在宅医療や介護は社会的に現在ももちろんですが、今後はさらに重要な意味を持つ業界です。超高齢化社会へと突入する日本を考えて在宅医療や介護に対する知識を広げましょう。<MAIL>

在宅医療・介護について

利用者に必要なことを考えるケアマネージャー

ケアマネージャーの仕事

居宅介護支援事業所は在宅で介護を受けている高齢者に居宅介護サービスを提供するために必要となる支援をする事業所です。居宅介護サービスを提供するために必要なことに関する知識のあるケアマネージャーが主体となって業務を行います。ケアマネージャーは要介護認定申請や介護保険に関する様々な手続きを代行したり、介護サービスを利用するために必要なケアプランを作成するなどの仕事があります。
こういったケアプランを作成することで介護に関する知識がない利用者やその家族の人でも、利用者の状況に合っている介護サービスを紹介することで適切な介護サービスの選択ができます。ケアマネージャーはこういったどういった介護をしていくべきなのか、どの程度の介護を受けるべきかといったことを利用者に沿って紹介していく役割があります。ケアマネージャーの仕事についてさらに詳しく紹介していきます。

ケアマネージャーの仕事

足を使うことが多い

利用者の高齢者の自宅へと実際に足を運んで介護に関する相談や要望を聞き取ることはケアマネージャーのとても重要な仕事です。また、休日や夜間でも交替で緊急専用電話を用意しておき、緊急の案件があった際にはすぐに駆けつけられる準備をしておく必要があります。もちろん緊急の案件があれば実際に利用者のもとに駆けつけることも必要です。またこれらの業務に加えて専門性を高めるための各研修にも参加する必要があります。
このような仕事内容もあるため、介護現場からは離れて事務作業をメインに行うイメージを持たれがちですが、実際には足を使ったフットワークが大切な仕事でもあります。足を使って聞き取った要望や、研修で学んだ内容から、頭を使った事務作業へと移っていきます。

足を使うことが多い

ケアマネージャーの役割

介護サービスを受けようと考えていても一般の利用者、そしてその家族はほとんどの方が介護サービスに関する知識を持っていません。そのため現状として与えられたサービスをそのまま利用するしかなく、選択肢がほとんどない状況と言えます。
ケアマネージャーの役割として利用者とその家族の状況から何が最も求められているのかを適切に理解して、その求めているものを叶えることができる介護サービスを紹介することがとても重要な役割を持ちます。どのようなサービスがあるのか、どういったサービスをどの程度の料金で受けられるのかといった知識を持たない利用者とその家族のために、幅広いサービスから利用者の希望に合わせた、利用者の立場に立った支援を行います。

ケアマネージャーの役割

おすすめの記事

本人の安心と家族のふれあいの機会増

介護が必要になると介護を誰がするのか、家での生活が継続できるのかなどを考えることになります。多くの介護サービスが出てきている中で知っておいて欲しいことに、在宅介護に関するメリットがあります。もっと読む