在宅医療・介護推進委員会

在宅医療と介護が進むべき方向性

進む在宅医療・介護

在宅医療や介護は現在地域包括ケアによって進んでいます。地域包括ケアは国がベースとなるのではなく、高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らしていけるように自治体がベースとなって医療・介護サービスを充実化していくものです。2025年までの確立を目標に進む在宅医療や介護について紹介していきます。

在宅医療・介護について在宅医療や介護は社会的に現在ももちろんですが、今後はさらに重要な意味を持つ業界です。超高齢化社会へと突入する日本を考えて在宅医療や介護に対する知識を広げましょう。<MAIL>

在宅医療・介護について

進む在宅医療・介護

高齢者が増加して少子化が進む日本では、高齢者と働く世代の割合が2050年には1:1になると言われています。この割合がそのまま高齢者を支える働く人の人数になっていくため、類を見ない超高齢化社会へと突入していくことがわかります。こうした現状で問題となっていくことに介護サービスの充実と供給の安定があります。こうした進む高齢化社会に対して進んでいかなければならない在宅医療と介護についてまずは知っていきましょう。

進む在宅医療・介護

おすすめの記事

本人の安心と家族のふれあいの機会増

介護が必要になると介護を誰がするのか、家での生活が継続できるのかなどを考えることになります。多くの介護サービスが出てきている中で知っておいて欲しいことに、在宅介護に関するメリットがあります。もっと読む