在宅医療・介護推進委員会

家族が集まる機会になる在宅介護を選択した際のメリット

進む在宅医療・介護

在宅医療や介護は現在地域包括ケアによって進んでいます。地域包括ケアは国がベースとなるのではなく、高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らしていけるように自治体がベースとなって医療・介護サービスを充実化していくものです。2025年までの確立を目標に進む在宅医療や介護について紹介していきます。

在宅医療・介護について在宅医療や介護は社会的に現在ももちろんですが、今後はさらに重要な意味を持つ業界です。超高齢化社会へと突入する日本を考えて在宅医療や介護に対する知識を広げましょう。<MAIL>

在宅医療・介護について

本人の安心と家族のふれあいの機会増

在宅介護のメリット

介護が必要になると問題になってくることで、誰が介護をするのかといった点や家での生活が継続できるのかといった点があります。家での介護が難しいという結論になれば特別養護老人ホームや介護サービスが付いている高齢者住宅などの介護施設への入所を考えることになります。しかし、施設は待機人数が多いという供給不足の現状からすぐには入所することが難しい点もあります。こういった点から考えておきたい在宅介護に関するメリットについて紹介します。

在宅介護のメリット

安心して暮らすことができる

在宅介護のメリットとして要介護者である本人が安心して過ごすことができるという点が大きなメリットと言えます。やはり住み慣れた街で住み慣れた家で暮らすことが一番安心ですし、落ち着けるというのは間違いありません。 施設では集団生活をすることが求められますので、自分の生活スタイルを変えて合わせる必要もあります。高齢者の中には認知症の人もいますので、場所が変わったことで混乱したり落ち着かないことがありますが、住み慣れた自宅では精神的に安定して暮らすことができます。

安心して暮らすことができる

家族が集まる機会になる

在宅での介護をする場合、介護者の多くは要介護者の子供となります。近年では同居している家族は少なくなり高齢夫婦の世帯数と独居の世帯数は増加しています。それぞれの生活を持っているため、家族が揃うことは少なくなってきてしまいますが、親の介護を通して家族が集まる機会が増えることは間違いありません。

家族が集まる機会になる

金銭的に負担が少ない

在宅介護は施設への入所費用や毎月かかってくる施設の利用料といった負担がないため、比較的金銭的に負担が少ないことが多いです。在宅介護の場合では訪問介護や訪問看護などのサービスの中から、必要なサービスだけを選択して利用することができるため、無用なサービスにお金をかけることがありません。家族で頻繁に家を訪問することができる場合などは訪問介護の必要はないですし、介護状態によって必要なものだけで済みます。

金銭的に負担が少ない

頼れるところを確保する

在宅介護のメリットではありませんが、在宅介護を選択する場合には頼れるところを確保しておくことをおすすめします。行政や業者などと連携を取って介護をすることができますので、介護をする側の都合がつかない時や疲れた時などに頼れる場所を持っておきましょう。何かあった時など、いざという時に気軽に頼むことができるところを持っているという安心感だけで、介護者のストレスの軽減にもつながります。

頼れるところを確保する

おすすめの記事

本人の安心と家族のふれあいの機会増

介護が必要になると介護を誰がするのか、家での生活が継続できるのかなどを考えることになります。多くの介護サービスが出てきている中で知っておいて欲しいことに、在宅介護に関するメリットがあります。もっと読む