在宅医療・介護推進委員会

様々なサービスがある在宅医療と介護業界

進む在宅医療・介護

在宅医療や介護は現在地域包括ケアによって進んでいます。地域包括ケアは国がベースとなるのではなく、高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らしていけるように自治体がベースとなって医療・介護サービスを充実化していくものです。2025年までの確立を目標に進む在宅医療や介護について紹介していきます。

在宅医療・介護について在宅医療や介護は社会的に現在ももちろんですが、今後はさらに重要な意味を持つ業界です。超高齢化社会へと突入する日本を考えて在宅医療や介護に対する知識を広げましょう。<MAIL>

在宅医療・介護について

サービスの種類は様々

様々なサービス

医療サービスや介護サービスは現在様々なものがあります。各種サービスを利用する費用などに関しては介護保険の適用があるかどうかなどで大きく変わりますので、利用前に自治体に相談しておくことをおすすめします。こういった介護保険に関しても重要なサービスの一つですが、在宅で受けられるサービス紹介していきます。

様々なサービス

訪問介護

高齢になってくると若い頃と違って当然できていたことができなくなることが多くあります。日常生活でも食事や入浴といった行動が難しくなることがあります。こうした一人で日常生活を送る上で困ることがある場合に、自宅まで訪問して介助を行ってくれるのが訪問介護のサービスです。介護のプロに自宅まで訪問してもらって介助を受けられるため、自宅で暮らすことを希望している要介護者に人気のサービスです。

訪問介護

訪問看護

主治医などが必要だと判断した時に提供されるサービスで誰しもが希望して受けられるサービスではありませんが、主治医の指示を受けた看護師が自宅を訪問して必要な医学的な処置やアドバイスを行ってくれるのが訪問看護です。同様に健康管理を行っている医療的な訪問サービスに居宅療養管理指導などがあります。

訪問看護

訪問リハビリ

訪問看護同様に、主治医の指示によって自宅でリハビリを受けることができるサービスが訪問リハビリです。施設と比べると機器が充実していませんが、生活する環境下で行うことができるリハビリで、日常生活を送るために必要な動作のリハビリを受けることができます。また、要介護者の家族が介助方法の指導を受けることもできるため、健康寿命という観点から有意義なサービスと言えます。

訪問リハビリ

デイサービス

事業所に通って専門のスタッフから食事や入浴などの日常生活の介助を受けることができるのがデイサービスです。日帰りのサービスとなりますが、週に1回から数回の利用が希望に合わせて受けられます。デイサービスではレクリエーションなどの催しをすることがあるため、通うことが高齢者の楽しみになることもあります。

デイサービス

ケアプランの作成

ケアマネージャーによって作られるケアプランを元に要介護者の状況に適切な介護サービスを受けることができるようになります。ケアプランの作成は全額介護保険が負担してくれるため、要介護者がまず受けたいサービスとも言えます。介護のプロであるケアマネージャーが状況に合わせてどういった介護サービスをいつどの程度利用するかといったケアプランを作成してくれますので、あまり介護について詳しくない家族の人なども安心してケアプランを元に介護サービスを選択することができるようになります。

ケアプランの作成

おすすめの記事

本人の安心と家族のふれあいの機会増

介護が必要になると介護を誰がするのか、家での生活が継続できるのかなどを考えることになります。多くの介護サービスが出てきている中で知っておいて欲しいことに、在宅介護に関するメリットがあります。もっと読む